プロフィール
松山和正
松山和正
大阪や兵庫を中心にFPをしています。

FPとはファイナンシャルプランナーということです。簡単に言うと保険屋ですが、書籍を書いている唯一の保険屋さんだと思います。

保険だけでなく、社会保障制度や不動産、事業承継や相続などもひっくるめて全体最適に持っていけるよう、日々勉強しています。

「お客様の成長が私の成長や成果につながる」

をモットーに、成長に焦点を当てているので売ってなんぼの営業の世界では珍しいタイプかも知れません。

皆様に情報提供をしておりますので、ぜひ書籍やセミナーなどもご参照いただけたら幸いです。

ホームページ http://kazumatsuyama.sakura.ne.jp/sample/ 
FB https://www.facebook.com/anatanoFP/
個人FB https://www.facebook.com/kazumasa.matsuyama 気軽に友達申請ください。
モバイルでブログを読む
QRCODE
アクセスカウンタ

2017年04月20日

こんな悪徳業者さんもいるんだな

車のフロントがよく見たら凹んでるかな〜という程度の修理見積もりがなんと26万円。

2年落ちの軽自動車で、塗装もはげてないのに、この見積もりはいかがなものか?

私の話ではなく、お客様がもらい事故にあわれた修理代見積もり。

本来私には見積もりをどうこういう資格も、権利も有していないわけで、

逆にお客様を守る立場なのですが。

しかし、業者さんからファックス届きましたか?って電話があったのでついでに内容を聞いて見ました。

『よく見たら凹んでるかな程度の事故だったはずですが、どんな修理内容ですか?』

業者さん曰く、

『中の部品も取り替えないといけないかも知れないので、とりあえず見積もりしました』

『必要なければとり下げます』

との事。

こちらは確認しただけで、

元どおりにするのがお客様の望んでいることのはず。

プロの目から見て必要だと思えば、堂々と見積もり出して、その根拠を示すべしです。

部品交換が必要かどうか確認して見積もりするのが当たり前ですし。

どうせ保険で直すから高く見積もりだそうとか、

ついでに部品も交換して儲けようと思ったのではないでしょうか?

こういう商売をしていると信用無くしますね。

同じカテゴリー(損害保険)の記事
 資産形成では守りも大事 (2017-07-25 16:06)
 質問の意図を察する (2017-06-16 07:00)
 都合のよい話を信用する (2017-06-01 09:10)
 お客様へのアフターフォロー (2017-05-27 12:41)
 こんな相談いただきました (2017-04-17 18:03)
 直行直帰は嬉しい (2017-02-21 18:41)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。