読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
松山和正
松山和正
大阪や兵庫を中心にFPをしています。

FPとはファイナンシャルプランナーということです。簡単に言うと保険屋ですが、書籍を書いている唯一の保険屋さんだと思います。

保険だけでなく、社会保障制度や不動産、事業承継や相続などもひっくるめて全体最適に持っていけるよう、日々勉強しています。

「お客様の成長が私の成長や成果につながる」

をモットーに、成長に焦点を当てているので売ってなんぼの営業の世界では珍しいタイプかも知れません。

皆様に情報提供をしておりますので、ぜひ書籍やセミナーなどもご参照いただけたら幸いです。

FB https://www.facebook.com/anatanoFP/
個人FB https://www.facebook.com/kazumasa.matsuyama 気軽に友達申請ください。
モバイルでブログを読む
QRCODE
アクセスカウンタ

2017年05月10日

独立したい社員をどう扱うか?

どの会社でも、社員さんに自主的に動いて欲しいと思われているはずです。

しかし自主的に行動する社員さんは、

能力が高く、独立してしまうかも知れません。

顧客を持って出ないように契約書を交わしたり、

半径何キロ以内に店を出さないようにといったことをする企業もあります。

しかし独立した方が損をするような、

つまり残った方が得をする仕組みを作るとか、

独立してもらった方が会社に利益が残るようなシステムを考えるという逆転の発想も楽しいと思います。

保険業界では、独立の際お客様を置いてくるのがルールです。

独立しなければ得られていた手数料は、会社にが丸取りすることになります。

これは独立してもらった方がかいしゃが得する典型的な仕組みです。



同じカテゴリー(売上UP)の記事画像
教育に必要なことは、すべて将棋が教えてくれた
調子はいいのに不安
売上を下げて、資金を30倍にする方法
同じカテゴリー(売上UP)の記事
 相手に気持ちよく話していただくには・・・ (2017-06-21 11:34)
 教育に必要なことは、すべて将棋が教えてくれた (2017-06-07 10:31)
 ふるさと納税と新規開拓 (2017-05-29 11:06)
 月次決算 (2017-05-13 17:14)
 営業マンは見積もりを作るな (2017-05-09 16:48)
 休みも営業 (2017-05-04 18:27)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。