プロフィール
松山和正
松山和正
大阪や兵庫を中心にFPをしています。

FPとはファイナンシャルプランナーということです。簡単に言うと保険屋ですが、書籍を書いている唯一の保険屋さんだと思います。

保険だけでなく、社会保障制度や不動産、事業承継や相続などもひっくるめて全体最適に持っていけるよう、日々勉強しています。

「お客様の成長が私の成長や成果につながる」

をモットーに、成長に焦点を当てているので売ってなんぼの営業の世界では珍しいタイプかも知れません。

皆様に情報提供をしておりますので、ぜひ書籍やセミナーなどもご参照いただけたら幸いです。

ホームページ http://kazumatsuyama.sakura.ne.jp/sample/ 
FB https://www.facebook.com/anatanoFP/
個人FB https://www.facebook.com/kazumasa.matsuyama 気軽に友達申請ください。
モバイルでブログを読む
QRCODE
アクセスカウンタ

2017年01月31日

自分に合うお客様だけを相手にする

自分に合うお客様だけを相手にする。

こういうと、

生意気なことをいうな、

とか、

そんな楽なことばかりしてたらあかん、

とか、

いろいろ言われそうですが、

精神衛生上、そうあれば言うこと無しだとおもいます。

特に長~いお付き合いを前提にしているので、

お互いに合わない方とは、

どちらも損でしかありません。

自分に合うとは、

価値観や考え方が同じということではなく、

約束を守るとか、

誠実とかいうところです。

価値観や考え方の違う人と話すのは、

自分の気付いていないところを知れたりするので、

とても勉強になります。

ところで、私のお客様は良い方ばかり。

今日もお菓子を持たせてくれました。

村上さん、いつもありがとうございます(^^)/

こういった心遣いも学ばせていただいております。

ギブアンドテイクではありませんが、

こういった心遣いをしていただけると、

いつも以上に頑張ろうと思うのが、

人情ですね。

今日は給料日なので、早めに帰って家飲みします。

  

Posted by 松山和正 at 18:11Comments(0)売上UP

2017年01月30日

飛び込み営業をやり続けた後に得たもの

ビジネスでもプライベートでもそうですが、

紹介をしていただくことほど、

ありがたいことはありません。

紹介をいただけないと、

残された道は、

新規の飛び込み営業くらいしかありません。

飛び込み営業は、

ほとんど話も聞いてくれず、

それが続くとかなり凹んでしまいます。

四年ほど前までは、

一日三時間の飛び込み営業を、

自らに課していました。

三時間の飛び込み営業で、

一件のアポイントが取れる。

4件のアポイントで、

一件の成約。

つまり12時間飛び込み営業すれば、

一件の契約を預かれることになります。

これは、雨の日にやろうが、

平日にやろうが、

時間帯にもあまり関係なく、

累計千時間以上飛び込み営業した平均値です。

結局やってみてわかったことは、

誰もが振り向く魔法の言葉は存在しないこと。

タイミングが重要だということ。

紹介をいただける仕組みを作ること。

これらを学び今にいかしているからこそ、

紹介や追加契約をいただけるようになったと思います。



  

Posted by 松山和正 at 19:10Comments(0)経営者向け売上UP

2017年01月29日

今日は完全OFFの一日

今日は完全OFFの一日。

朝はサンデーモーニングのスポーツコーナー。

これを見ると日曜だなと思います。

そして昼から子供の散発に連れていき、

お買い物をして帰宅。

そうこうしてると、
息子の初めて歯が抜けた記念日にもなりました。

ゆっくりすると、

また明日から仕事が楽しみです。

いろいろなアイデアが沸いてくるから不思議。



  

Posted by 松山和正 at 18:06Comments(0)人間関係時間管理

2017年01月28日

たこ足配当はNISAでは扱わない

金融庁が、たこ足配当の銘柄は、NISAに認めない。

と発表しました。

たこあし配当とは、

元本を取り崩して配当している投資信託などのこと。

例えば百万円の元本があって、

配当が五万円出るとすると、

元本は九五万円になっているということ。

一般的には配当といえば、

元本を取り崩さず出すものという認識があります。

銀行の利息だって、

元本にかかる利息ですからね。

こういった投資信託は、

資産形成にならないので、

金融庁はNISAでの扱いをやめるよう通達しました。

今はよい利率商品を探すより、

経費削減などのほうが効果ありそうですね。  
タグ :金融庁

Posted by 松山和正 at 18:14Comments(0)NISA株式・投資信託

2017年01月27日

お金をためようと思ったら習慣形成が大事

ファイナンシャルプランナーという仕事をしていると、

おカネがない、

あるいは、

おカネが貯まらない、

という話を聞きます。

個人、法人に関わらず、

お金をためるには習慣形成が必要だと思います。

給料をもらったら一定額を先に貯蓄し、

残りで生活する。

自動的に給料から引かれるシステムが大事です。

例えば、

財形貯蓄や、定期預金や、保険の積み立てなど。

わざわざ貯金しようと思うと、

出来ないのが人間です。

私もあったら使いたくなる。

習慣化してしまえば、

貯金は辛くありません。

  
タグ :貯金

Posted by 松山和正 at 18:04Comments(0)時間管理

2017年01月26日

できるだけ避けたほうがよい営業スタイル

営業サイドから見ると、じり貧になる営業スタイルがあると、

同業を見ていて感じます。

それは、

・既存のお客様にマイナーチェンジした商品を売りに行くこと

この点は気をつけないといけません。

マイナーチェンジした商品を提案に行く営業サイドは、

○○の点が以前よりも良くなっているから、

お客様にはメリットがあるはずだ・・・

とお客様の立場に立って考えているようで、

実は、

少しでも売り上げを上げたい、

とか、

既存のお客様だから会いに行きやすい

とか、

安易な考えで行動していることが少なくありません。

お客様にとっても、

マイナーチェンジした商品を年に何度も提案に来られたら、

4,5年経てばうっとうしいと感じるに違いありません。

そうこうしている内に、

既存のお客様離れがおき、

新規開拓を怠ったことがボディーブローのように効いてきます。

新しいお客様にどうやって会いに行くか?

新しい価値を生み出すサービスは何か?

そういった想像力を働かせることが、キャリアを重ねる度に必要になってくると感じます。

行きやすいところにいくのではなく、

本当にしなければならないことは何なのか?

ということを毎日チェックしなければ、

簡単な方に流されるのが、

私を含め弱い人間の性です。

忘れないように備忘録として。
  

Posted by 松山和正 at 17:04Comments(0)売上UP資金繰り関係

2017年01月25日

売上を下げて、資金を30倍にする方法



こんな本を読みました。

今日は三冊読書。

内容は、売上を上げることばかりにとらわれず、資産を増やしなさいというもの。

PLよりもBSを重視しなさいということですね。

社員さんと一緒に考える具体策などあり、

読んでいてワクワクしました。

資産を増やす行動をした人には還元する。

これであれば、効果の高い営業戦略や、

経費節約も評価しやすいと思いました。  

Posted by 松山和正 at 17:58Comments(0)売上UP資金繰り関係

2017年01月24日

idecoというらしいです

確定拠出年金401kの愛称は、

iDeCo(イデコ)というらしいです。

401Kとは、年金を有利に積み立てる制度のことです。

最近よく問い合わせをいただきます。

何がメリットなのかどんなデメリットがあるのか、

年金の保険、投資信託とかの違いは何なのか?

私にあうのはどんな方法なのか?

401kは自己責任で、自分で申し込みから、手続き、運用指図まですべて自分でやらないといけません。

簡単に理解できる電子書籍を作りましたので、よかったら手にとってください。




  

Posted by 松山和正 at 19:56Comments(0)確定拠出年金401K

2017年01月23日

顧客を決して忘れてはいけない、そして忘れられてもいけない

今朝会社にお客様から解約の連絡がありました。

担当の名前は分からず、

引越したので火災保険を解約したいと。

会社のラインで共有しましたが、

誰の担当か分からない。

システムを叩くと、

担当が分かりました。

できるだけ、担当の名指しで電話がかかって来る様な関係性作るべきだと思います。

担当もお客様の事を忘れているし、

お客様も担当を忘れている。

担当が購入後フォローしていないと言う事です。

忘れられない様にフォローすれば、

引越先の火災保険の見積もり依頼は来たでしょう。

契約数が多いから、

小さな契約だから、

というのは言い訳で、

お客様からすればちゃんとフォローして欲しいわけです。

  

Posted by 松山和正 at 17:31Comments(0)売上UP

2017年01月22日

稀勢の里の魅力は不完全だから

ここ1番に弱いと言われ続けていた稀勢の里が、

ようやく今場所で初優勝しました。

そして横綱になるのもほぼ間違いないとのこと。

横綱昇進は今までで1番遅い昇進だそうです。

私もずっと応援し続けていましたがここ1番で白鵬に負け続けていたと言うイメージがあります。

白鵬と言えば完璧な強さ、にくたらしいほどの強さがあると思います。

白鵬も好きですが、

稀勢の里の弱さもファンになる魅力です。

弱いものを応援する、判官贔屓の日本人。

人間関係でも、

仕事でも、

弱みを見せていくべきだと思います。

できないことを無理に頑張るのではなく、

周りに助けてもらう。

完璧で弱みを見せない人には近寄りがたいものです。

もっと弱みを見せて逆に自分の強みを知ってもらうことが必要ですね。




  
Posted by 松山和正 at 18:47Comments(0)人間関係